フットボールキッチン

あーだ、こーだと言われながらも徒然に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大量5得点でアーセナルがヴィラを圧倒 (BPL Arsenal VS AstonVilla Match Report)


エミレーツスタジアムにてアーセナルがアストンヴィラを迎えた一戦は、鋭いカウンターなどから5得点を搾取するワンサイドゲームとなった。アウェイのヴィラ守備陣を常にプレッシャーにさらし続けての勝利。ヴィラのランバート監督には悩ましい一日となっただろう。

23試合で11得点。深刻な決定力不足に悩まされ続けいるヴィラだが、この日もゴールが遠かった。先週には2得点しただけで現地のファンから「あのヴィラが2点取ったぞ!」とジョークを飛ばされるほどだ。

一方のアーセナルは、先日怪我からの復帰後初ゴールを決めたウォルコットとエジルがこの日も決めた。先週末に行われたFAカップの試合後には「ここから毎試合のゴールは期待しないでくれ」とコメントしたウォルコットだったが、ファンの期待に応える形となった。

両チームとも新加入選手のお披露目が注目を集めたゲームだったが、先日シティからのローン移籍を完了させたヴィラのシンクレアのみピッチにたった。ガナーズファンの期待を一身に背負うガブリエルはこの日はベンチから腰をあげることは無かった。



エジルの美しいヒールでのフリックパスで裏に抜け出したジルーが先制し、そのまま1-0で前半を終えたアーセナル。試合はとてもワンサイドゲームになるような展開とは思えなかったがヴィラ守備陣がアーセナルのスピーディーなカウンターの前に崩壊。エジル、ウォルコット、カソルラ(PK)、ベジェリンのゴールで4点を追加し試合を決めた。

試合後ウォルコットも「こんな展開になるとは思ってなかった」と一方的な展開となったゲームを振り返った。

ウォルコット「前半は慎重だった。アストンヴィラはゲームプランを持ってうちに臨んできたし、プレッシャーをかけてきた。1-0というスコアでハーフタイムに入ったけど内容に値するスコアだったんじゃないかな。」

試合後のインタビューにはMOMのエジルと共にカメラの前に姿を現したウォルコット。怪我のため離脱していた期間が被る両者だが、ピッチへの影響はあまりないとウォルコットは言う。

ウォルコット「エジルが加入してきて以来、そんなに長いこと一緒にプレーしたわけじゃないんだけど、ボールタッチやらもう彼のプレーは全体的に素晴らしいよ。一緒にプレーできてとっても嬉しいし、このままいい状態を保ってここから巻き返しとしていいきたいところだね。」

引き続き満足のいく内容で試合を終えたアーセナル。守備陣に懐疑論が渦巻いていた前半戦の結果を受けてか守備的に戦えることも見せているノースロンドンの同チーム。ヴェンゲル監督は攻撃陣のみならず無失点に抑えたチームに賛辞を送った。

ヴェンゲル「(試合は)ポジティブなものだったよ、クリーンシートを保ったからね。得点できるのは分かっていた。ただ、我慢する必要があったんだ。我々の侵入を阻止しようとヴィラも必死だったからね。時間が経つにつれ、相手DFラインの裏へとプレーする機会があったが、これが違いを生んだ。

ヴェンゲル「2点目は精神的にヴィラを追い込んだのが見て取れただろう。彼らはあれで難しい状況へと追い込まれた。」

ヴィラのランバート監督も同じように試合を分析したが、チームの失点の仕方に不満のようだ。

ランバート「65分間ほど、我々は戦えていた。前半終了間際に決定的なチャンスがあったんだがね、クリスチャン(ベンテケ)は後半ゴールを決めるべきだったろう。それ以降の失点はお粗末だった。その失点に対する対応もね。」

試合後、SkySports解説のキャラガー氏が「ラインが高すぎる」指摘していたようにヴィラの戦い方には疑問符がつく。

失点はほぼ全てカウンターからのものだったがエジル、ウォルコット、ジルーらには裏へ抜けるだけの十分なスペースがあった。アーセナルの素早い攻撃陣のことを考えると少々無策だったのではないだろうか。

それだけではない、先制されたシーンではCBの距離感が広すぎた。エジルのアシストは素晴らしかったとはいえ、どちらのCBもジルーのマークを外していたのは明らかな失態だった。

しかしながら一方でアーセナルは確実に変わりつつあるのかもしれない。大量得点をしようが、全員が守備に献身的だった。

試合後ヴェンゲル監督も「極めて厳しい守備」をしていたとチームを褒めた。

「4-0,5-0となったとこでさえ、全員が守備に戻ることをいとわなかったね」とヴェンゲル。カウンターで何度も失点を繰り返した前半戦とは別のチームのようだ。

いよいよ自信をつけてきたアーセナル、リーグ後半へ巻き返しの準備が整ったのかもしれない。

【了】

[コメント引用元]
BBC 'Live Reporting' Available at http://www.bbc.co.uk/sport/live/football/30890677 (Accessed on 1 February)

SkySports 'Premier League: Arsenal cruise to 5-0 win as Aston Villa fail to score again' Available at http://www1.skysports.com/football/live/match/313607/report (Accessed on 1 February)
スポンサーサイト
  1. 2015/02/01(日) 16:01:28|
  2. マッチレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スワンズ「大事なのは支配率じゃない」 (BPL Southampton vs Swansea Match Report) | ホーム | 近いようで最後まで遠かったゴール、リヴァプール準決勝敗退 (Capital One Cup Semi-Final 2nd leg Report)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://footballkitchen.blog.fc2.com/tb.php/19-2b3e8471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

黒崎灯(あーせん)

Author:黒崎灯(あーせん)
英サンダーランド大学にてスポーツジャーナリズムを勉強中。サッカーを文章にすることで、読ませるものを書くようになりたい。到底才能もない凡人が、書き続けていったらどうなるんだろう。本当にほんの少しだけ、成長を期待してて下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
スタジアムレビュー (0)
移籍 (0)
比較もの (0)
日本代表 (1)
マッチレビュー (21)
和訳 (3)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。