フットボールキッチン

あーだ、こーだと言われながらも徒然に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブラウン「え、おれ?」(Manchester United v Sunderland Match Report 2)


28日夕方に行われたプレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド対サンダーランドの一戦は、またも審判の誤審が話題となる試合となった。

ジョン・オシェイがエリア内でラダメル・ファルカオを倒すと、主審のロジャー・イースト氏はスポットを指差す。PKが与えられたのだが、レッドカードをウェズ・ブラウンに提示するという珍事が起こった。

ユナイテッドは84分にウェイン・ルーニーがこぼれ球を詰めて追加点をあげ、2-0でサンダーランドを下した。

英BBCが「奇妙」と形容したあの判定に、監督や審判団もコメントしている。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2015/02/28(土) 22:35:35|
  2. マッチレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また誤審!! Manchester United VS Sunderland (Match Report)


28日、15時にキックオフを迎えたマンチェスター・ユナイテッド対サンダーランドのリーグ戦はウェイン・ルーニーがPK含めた2点を沈めて2-0で勝利し、勝ち点3をしたたかに奪っていった。

ラダメル・ファルカオが倒されたて得たPKをきちんと決めたルーニーだったが、85分には僅かな可能性を求めて奮闘していたサンダーランドの息の根を止める2点目を決めて、引導を渡した。

堅い守備を見せていたサンダーランドにPKが与えられると、審判の誤審もあって、倒したジョン・オシェイではなくウェズ・ブラウンが代わりにレッドカードを提示されるコメディ映画顔負けのシーンも飛び出したが、これで完全にアウェーサイドは戦意をそがれてしまった。

続きを読む
  1. 2015/02/28(土) 17:10:57|
  2. マッチレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

詰めの甘さが目立った子黒猫たち、悔しいドロー(U21 BPL Sunderland v Manchester United)


強風に所々、雪も入り交じった厳しい寒さの中で行われたサンダーランドU21対マンチェスター・ユナイテッドU21の一戦は、ユナイテッドのペレイラとサンダーランドのマンドロンが1点ずつ取り合うも、試合はそのまま終了。

1-1のドローながら後半にユナイテッドのブラケットが退場すると、その後はサンダーランドが終始、引ききったエリート集団を押し込む展開に。先制点を奪ったストライカー、マンドロンは後半シュートを打つことすらできなかった。

予定が大きく狂ってしまったであろうヤングユナイテッドは、ウインガーのエル・ファトゥーリをSBに回すなど、苦肉の策でなんとかアウェーで勝ち点1をつかみ取った。 続きを読む
  1. 2015/02/24(火) 00:49:46|
  2. マッチレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒猫ちゃん、もう学校行く時間よ!(BPL Sunderland v West Brom Match Report)


日差しの差し込むピッチに、にわか雨も垣間見えた中での、21日に行われたサンダーランド対ウェストブロムの一戦は、得点の気配を見せぬまま、ロングボールだけが無意味に飛び交う90分となった。

ベラヒーノと直近の試合では絶好調のイデイエを先発させたウェストブロム、ピューリス監督だったが、二人を守備に奔走させる戦術を採用。サンダーランドの攻撃を11人全員を自陣に押し込んで無失点に切り抜けることを優先した。

前節のQPR戦と、FA杯での格下への敗退を受けて「時代遅れだ」やら「キック&ラッシュ」のサッカーを展開していると非難されいた、ガス・ポジェット監督は引ききった相手に大した解決策もなく数多のクロスとロングボールを放り込むだけに終わった。
続きを読む
  1. 2015/02/21(土) 18:26:27|
  2. マッチレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魔法使いと筋肉戦士の邂逅:欧州編 (UEFA EL Young Boys vs Everton)


ヤングボーイズの本拠地で19日夜に行われたEL決勝トーナメントは、若干の荒れ試合の様相を呈したものの、エヴァートンが貴重なアウェーゴールを積みかさねる形でスイスを後にすることとなった。

レッドカードも飛び出し、10人で最後の30分ほどを戦うも、エヴァートンはルカクのハットトリックを含める4点で快勝した。

対するヤングボーイズは先制点こそ開始10分で奪ったものの、その後は意気消沈。PKのチャンスも逃し、何をしてもエヴァートンにプレッシャーをかけることは出来なかった。なお、久保はフル出場したが、インパクトは欧州の一発勝負の舞台では残せなかった。 続きを読む
  1. 2015/02/19(木) 20:50:07|
  2. マッチレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

難しいこたぁいいからマンマーク!(Basel VS FC Porto Match Review)


18日夜にバーゼルがポルトをホームに迎えたCL決勝トーナメント一回戦、バーゼル対ポルトのファーストレグは1-1のドローに終わった。

後半開始早々にコーナーのこぼれ球をカゼミーロが押し込んだものの、ゴールが認められたあとポルトのファールが確認され、得点は取り消しに。常に試合を支配したポルト、79分にダニーロがPKを沈めてドローに持ち込んだ。

アウェーゴールを奪った上に終始試合を支配したポルト。結果以上にバーゼルにプレッシャーを与える形となった。
続きを読む
  1. 2015/02/18(水) 20:51:01|
  2. マッチレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全と一のミラーゲーム。(BPL WestHam VS Manchester United Match Report)


8日の夕暮れ時、ロンドンは東に位置するウェストハムの本拠地にてキックオフを迎えた一戦はユナイテッドのブリントが終了間際に同点弾を決め、ウェストハムのコヤテの華麗なボレーを帳消しにした。ウェストハムには不憫な形での幕引きとなった。

後半開始早々にFKからコヤテが先制ゴールを奪うものの、徐々に体力の消耗が見えてきたところでユナイテッドはフェライニを投入。ロングボールを放り込む形が功を奏した。

後半ロスタイム3分に差し掛かった所でブリントがクリアボールをゴールに押し込んだ。同点弾まで完璧に試合を制していたハマーズには正直なところ、試合内容を忠実に反映した結果とは言えないだけに、なおさら悔しい引き分けだろう。
続きを読む
  1. 2015/02/08(日) 18:47:28|
  2. マッチレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Tyne-Wear 'mini' Derby (FA Youth Cup SAFC VS NUFC)


FAユースカップ(18歳以下対象)5回戦ではサンダーランドとニューカッスルとの伝統の一戦、タインウェアダービーが黒猫たちの本拠地、スタジアム・オブ・ライトで行われた。結果はPK戦の末3-1というスコアでニューカッスルが勝利。アウェーから駆けつけた選手の両親を中心とするサポーターに勝利を捧げる形となった。

120分をスコアレスドローで終えたこの試合、決定的な場面でミスが目立ち最後まで両者ともにネットを揺らすことは出来なかった。

試合全体を通して主導権を握っていたのはニューカッスルのほうだったが最後の最後にミスを連発。数本枠内に飛ばしたものの、サンダーランドGKタルボットの正面に収まる場面が目立った。

対するサンダーランドはボランチが1枚CBラインに吸収されてしまい、5バックになる時間も多く、チームの重心の重さが攻撃の妨げとなっていた。

続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

  1. 2015/02/05(木) 01:24:08|
  2. マッチレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スワンズ「大事なのは支配率じゃない」 (BPL Southampton vs Swansea Match Report)


現地時間16時にサウサンプトンの本拠地セントメアリースタジアムで行われた一戦はカウンターから一瞬の隙を見逃さなかったシェルビーがミドルシュートを突き刺し先制。これが決勝点となって勝利。日本代表の吉田はフル出場した。

プレミアでは異端とも言えるポゼッションスタイルを標榜する両者の試合は、意外にも終始セインツ(サウサンプトンの愛称)がボールを一方的に支配し多くの決定機を作る展開で進んだものの、63.4%という高いボール保持率も得点に結びつけることは最後まで出来なかった。

たった6本のシュートのうち1本の枠内シュートが決まったスウォンジー。シェルビーがゴミスのデコイランを利用して出来たスペースに迷わず蹴り込んだ。最後の一手の精度が勝敗を分けたこの試合、スワンズ(スウォンジーの愛称)のモンク監督の計画通りだったのかもしれない。

続きを読む
  1. 2015/02/01(日) 22:06:39|
  2. マッチレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大量5得点でアーセナルがヴィラを圧倒 (BPL Arsenal VS AstonVilla Match Report)


エミレーツスタジアムにてアーセナルがアストンヴィラを迎えた一戦は、鋭いカウンターなどから5得点を搾取するワンサイドゲームとなった。アウェイのヴィラ守備陣を常にプレッシャーにさらし続けての勝利。ヴィラのランバート監督には悩ましい一日となっただろう。

23試合で11得点。深刻な決定力不足に悩まされ続けいるヴィラだが、この日もゴールが遠かった。先週には2得点しただけで現地のファンから「あのヴィラが2点取ったぞ!」とジョークを飛ばされるほどだ。

一方のアーセナルは、先日怪我からの復帰後初ゴールを決めたウォルコットとエジルがこの日も決めた。先週末に行われたFAカップの試合後には「ここから毎試合のゴールは期待しないでくれ」とコメントしたウォルコットだったが、ファンの期待に応える形となった。

両チームとも新加入選手のお披露目が注目を集めたゲームだったが、先日シティからのローン移籍を完了させたヴィラのシンクレアのみピッチにたった。ガナーズファンの期待を一身に背負うガブリエルはこの日はベンチから腰をあげることは無かった。

続きを読む
  1. 2015/02/01(日) 16:01:28|
  2. マッチレビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

黒崎灯(あーせん)

Author:黒崎灯(あーせん)
英サンダーランド大学にてスポーツジャーナリズムを勉強中。サッカーを文章にすることで、読ませるものを書くようになりたい。到底才能もない凡人が、書き続けていったらどうなるんだろう。本当にほんの少しだけ、成長を期待してて下さい。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
スタジアムレビュー (0)
移籍 (0)
比較もの (0)
日本代表 (1)
マッチレビュー (21)
和訳 (3)

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。